組 合 概 要
ごあいさつ
理事長 貝本冨作
 我々の祖先がはぐくんできたのは、木の文化であります。特に奈良県におきましては、すでに1300年もまえに藤原宮の大極殿や朱雀門のように、礎石を用いて柱を建てるという日本最初で最大の宮殿建築が始まりました。それに伴い、鋸、ちょうな、やりかんな、のみ、墨壷等々の大工道具が開発され、水平の決定には水盛りの方法が採られたと言われます。
 そのような歴史を振り返りながら、地球環境に最も優しい資源といわれている木材を利用した大規模木造建築物を推進している奈良県大規模木造協同組合であります。
組合の概要
●名 称 奈良県大規模木造協同組合
●住 所 〒637-0014
奈良県五条市住川町1297
   
●TEL 07472-6-6670
●FAX 07472-3-5260
●設 立 昭和46年5月13日
●組合員 13名
●出資金 20,000,000円
●理事長 貝本 冨作(カイモト トミサク)
●事務局 森本 高行(モリモト タカユキ)
●E-mail
 daikibo@torisumi.net
●URL
 http://www.torisumi.net/daikibo.html
●活動状況
 大規模木造用の銘木資材や構造用集成材などの製造販売を軸に、デザイン・設計、建築、運送等といった一貫したシステムを組合で構築し、木造建築物のトータルな分野を担える体制づくりを行い、コストの削減、品質の向上、納期の短縮を目指しています。
組合事業のご紹介
木造建築物の受注の斡旋業務を行っています。
組合事務局までご連絡いただければ、対応させて頂きます。
大規模木造建築物についての普及、PR活動を行っています。
組合員の福利厚生に関する各種の事業を行っています。
その他建築部材の研究開発、金融事業なども行っています。